【ガチで歯を白く!!】歯のホワイトニングを自宅で♪人気商品ランキング2017最新版

こんにちは!サイト管理人の○○です。
歯のホワイトニング自宅ランキングのサイトへようこそ。

 

私は、家族から歯の黄ばみを指摘されてから、歯の色がとても気になるようになりました。最初は歯医者でのオフィスホワイトニングを考えましたが、価格を調べてビックリッ!!!主婦のパート収入だと抵抗のある額だったのです。。。
そこで、手が出せる価格帯で出来る自宅でのホワイトニングにチャレンジしています!普段の歯磨き粉をホワイトニング専用の歯磨き粉に変えれば良いので、歯のホワイトニングをスタートしたい方は手軽にできておススメの方法ですよ♪

 

たくさんある歯のホワイトニング商品は、どれを選んでよいのか迷いますよね??

 

このサイトでは、歯科でのオフィスホワイトニングではなく、歯のホワイトニングを自宅で実践したい方に向けて、ホワイトニング歯磨き粉&ジェルの最新ランキングをご紹介しています。
実際に、これまでにいくつか使用してみて「歯が白くなった」と感じた、ホワイトニング効果のあった商品をがありますご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓↓気になるランキング最新情報はコチラ↓↓↓↓
【ガチで歯を白く!!】歯のホワイトニング自宅ランキング2017最新版

 

 

歯のホワイトニング自宅ランキング【目次】

 

自宅で手軽に出来るホワイトニング剤を選ぶときのポイント3つ

 

 

①「研磨剤」が含まれていないものを選ぶこと

 

薬局やドラッグストアなど、一般的に市販されている歯磨き粉には、研磨剤が含まれている製品がほとんどです。
研磨剤は、歯の表面についた、タバコのヤニやステインなど、歯の着色汚れを除去してくれるので、歯磨き粉に含まれている成分です。

 

一般的に販売されているホワイトニング用の歯磨き粉は、研磨剤で歯の表面のエナメルを削ることで、歯を白くするという製品がほとんどです。
研磨剤が多く入っているから、汚れがしっかり取れて歯が白くなるんだ!と思いがちですが、実は、この「研磨剤」が歯の黄ばみや着色汚れの原因になる場合があります。必要以上に磨いて歯の表面を傷をつけることになるので、歯磨き粉を選ぶ際には注意が必要です。

 

研磨剤で歯の表面を削ることで、歯を白くすることが出来ますが、一度削ってしまった歯のエナメル質は、元に戻ることはありません。。。
なるべく研磨剤を使用していない歯磨き粉や、研磨剤が多く含まれていないタイプの歯磨き粉を選ぶのが良いでしょう。

 

 

②歯のホワイトニングに有効な成分が含まれていること

 

歯を白くするのに有効な成分は??
歯を白くする効果のある、ホワイトニング成分を見てみましょう。

 

ポリリン酸ナトリウム
リン酸水素カルシウム
ポリアスパラギン酸
リン酸2Ca
水酸化アルミニウム
シリカ
PEG-8
PEG-600

 

ホワイトニング効果のある製品には、歯を白くするのに有効な成分が含まれています。
研磨剤などで歯に負担をかけて歯を白くするのではなくて、歯の汚れを浮かせて除去できる成分を使用することが、大切な歯と長く過ごすコツになります。
歯のホワイトニングを自宅でする場合は、きちんと有効成分が含まれているかが重要なポイントとなります。

 

 

 

②継続しやすい価格帯!コスパが良いものを選ぶ
自宅でのホワイトニングは、歯医者などのオフィスホワイトニングに比べて、効果を感じるまでに時間がかかります。そのため、継続しやすい価格帯であるか?ということも、歯のホワイトニングを自宅でする際のポイントとなります。

 

歯磨き粉の価格は、お手頃で安価な製品~ちょっとお高く高価な製品まで様々な製品が売っていますよね??
価格だけでは「ホワイトニング効果」を判断しきれない部分もあります。

 

これは私の経験ですが、自宅でのホワイトニングに挑戦するまでは、安い数百円のホワイトニング歯磨き粉を使っていました。ですが、あまり効果を感じなかった事と、研磨剤を使用してのホワイトニングでは歯や歯茎に負担がかかると知ったのです。

 

この経験から、数百円の安い製品ではなく、きちんとこだわりのある製品を安心して使用することにしました。

 

ホワイトニングは舞んち

 

 

「安いから効果がない」「高いから効果がある」と判断してしまいがちですが、
こだわりのある成分を使用している製品は、どうしても価格が高くなりがちですが、

 

 

ホワイトニング効果のある成分が多く含まれている歯磨き粉が理想ですが、成分がどのくらい含まれているのかは、実際にはわかりませんよね(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯を白くしたい!!と考えている人の多くは、
喫煙していて歯に付着したタバコのヤニ汚れを落としたい
コーヒーや紅茶などの汚れが付着したステインの汚れを落としたい
と考えている方が多いのではないでしょうか??

 

 

しかし、この研磨剤は

 

なるべく粒子が細かい歯磨き粉を選びましょう。

 

 

歯の表面に傷がつくと、歯の黄ばみや茶渋などの着色汚れが悪化する原因となります。

 

 

 

 

 

 

歯科医院で処置をする場合には、目の粗い研磨剤から磨いていき、最後は目の細かい研磨剤で磨いて仕上げていきます。そうすることで、歯の表面に着色汚れが付きにくくなるのです。
それと同じように、研磨剤は粒子の細かいものを選ぶことで、歯の表面に傷が付かなくなり、汚れも付着しにくくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ホームホワイトニング「ジェル」と「歯磨き粉」の違いを解説!!どちらが良いの??★
「歯磨き粉」vs「ホワイトニングジェル」
歯を白くする効果があるのはどっち!?

 

 

歯のホワイトニングが出来る製品を選ぶときに、「歯磨き粉」「ホワイトニングジェル」どちらを使った方が良いの!?と迷ったことはありませんか??
ここでは、2つの違いについてをみていきましょう。

 

 

「歯磨き粉」

 

普段、歯磨き粉を使って歯を磨いている方は、歯磨き粉のほうが馴染みがありますよね??
実際に「ホワイトニング」とパッケージに書いている歯磨き粉も多く販売されています。
しかし、日本で販売している歯磨き粉には、歯の内部を白く漂白するようなホワイトニング成分が含まれたものはありません。

 

つまり、日本で売っている「ホワイトニング」と書かれている歯磨き粉には、本来の歯の白さに戻すといった製品になります。
「本来の自分の歯よりも白く漂泊することはできない」ことを頭に入れておきましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉は、毎日使って少しずつ効果を実感していきますので、

 

歯磨き粉の場合は、タバコのヤニや着色汚れなど、歯の表面についた汚れを除去する効果を期待したい人に向いていると言えます。

 

ホワイトニング歯磨き粉の場合は、研磨剤によって歯の表面の汚れを落として、歯を白くすることになります。そのため、歯磨き粉の場合は『研磨剤』が入っているものがほとんどです。ゴシゴシ磨きすぎると歯の表面に傷が付いてかえって逆効果になる場合もあるので、注意が必要です。

 

 

そこまで歯を白くする必要がない、歯の着色汚れなどを除去したい方
手軽にホワイトニングをスタートしたい方
ホワイトニングした後の効果を長持ちさせたい方

 

歯を白くする効果を感じるまで時間が掛かる
歯をきれいに白くしたい場合は向いていない

 

 

 

『ホワイトニングジェル』
ホワイトニングジェルは、歯を白くすることに特化しているので、効果も比較的早く感じることができます。
いつもの歯磨きをした後に使うタイプや、普段の歯磨き粉をホワイトニングジェルに変えて使うタイプの製品があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームホワイトニングの内容と価格を提示 8これを分かりやすく表にしてまとめてある)
☆自宅ホワイトニングのメリット&デメリット
☆自宅ホワイトニングの効果を上げる方法
自宅で歯を白くする方法5選
☆歯のホワイトニングを自宅でするのにおススメの理由〇つ
自宅でのホワイトニング効果を保つために知っておきたいこと!!

 

 

 

 

 

 

普通の歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の違いとは??
★普通の歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の違い★
私は、市販されている歯磨き粉を使って毎日歯を磨いていました。毎日磨いているのに「なんで歯が白くならないのかなぁ・・・」と感じていました。
あなたも同じように感じたことはありませんか??

 

普通の歯磨き粉とホワイトニングはどのような違いがあるのでしょうか??
では、ここで普通の歯磨き粉とホワイトニング効果のある歯磨き粉の違いをみていきましょう。

 

普通の歯磨き粉には美白成分が少量しか含まれていない

普通の歯磨き粉と歯を白くするホワイトニング歯磨き粉の違いは、わかりやすくいうと『美白成分が多く含まれているかどうか』の違いになります。
普通の歯磨き粉では歯が白くならないのは、美白成分が少量しか含まれていないからなのです。

 

一方で、「ホワイトニング」と記載されている歯磨き粉には、美白成分が多く含まれているのが特徴です。
美白成分が多く含まれているので、歯を白くする効果が期待できます。

 

 

ドラッグストアや薬局など、市販されている歯磨き粉にも「ホワイトニング」と書かれている商品はたくさんありますよね??
ホワイトニングと書かれている歯磨き粉の成分をチェックしてみてくださいね。美白成分が配合されているはずですよ。

 

ただし、これは私の経験ですが、市販されている安価なホワイトニング歯磨き粉には、効果がイマイチ感じられませんでした…
なぜかというと、手ごろな価格帯で市販されているホワイトニング歯磨き粉は、美白成分が少ないのです。

 

歯磨き粉も商品によって価格帯がさまざまですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯のホワイトニングには「ジェル」と「歯磨き粉」どちらが良いの??
自宅で使うホームホワイトニング剤を選ぶときのポイント〇つ

 

 

 

ホームホワイトニングの内容と価格を提示 8これを分かりやすく表にしてまとめてある)
☆自宅ホワイトニングのメリット&デメリット
☆自宅ホワイトニングの効果を上げる方法
自宅で歯を白くする方法5選
☆歯のホワイトニングを自宅でするのにおススメの理由〇つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【個別記事へ】
どうして歯を白くしたいの??⇒歯を白くすると印象がアップするから・・・
歯科と自宅でのホームホワイトニングはどちらがおすすめ??メリットとデメリットを比較
歯科でのホワイトニングの方法2種類(内容と価格を提示)
オフィスホワイトニングのメリット&デメリット
どうして歯が黄ばむのか
ホームホワイトニングの効果を持続させる方法
この歯は白くなるの??効果の出にくいタイプの歯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に歯のホワイトニング商品を色々と試しましたが、歯のホワイトニングを自宅で行う場合には大切なポイントがあります。
ここでは、私がホームホワイトニングの商品を選んだ際に参考にしたことや,、歯科衛生士の友人から聞いたことをまとめました

 

 

 

【決定版はコレ】歯のホワイトニングを自宅でできるホームホワイトニングケアランキング3(5)位まで
①はははのは
②薬用ちゅらトゥースホワイトニング

 

 

 

 

 

 

 

見出し
結果
結論・理由

 

 

(どうして歯医者じゃなくて自宅なのか??)
☆歯のホワイトニングを自宅でするのにおススメの理由〇つ

 

☆ホームホワイトニングの歯磨き粉を選ぶポイント〇つ
・成分
・研磨剤が小さいもの
・継続しやすい価格帯か
・口コミ効果は本当か

 

☆歯ホワイトニング自宅ランキング商品〇つ!!(ランキング作成)
メディア系サイト
体験談ナシ
TOPサイトの商品(ランク付けはしていない)7つの商品を紹介している
・「はははのは」 1980円(A8)
・セッチマはみがき スペシャル 842円(もしも)
・アパガード プレミオ 1100円(もしも)
・オーラパール 薬用ハミガキ オーラパール 2160円(もしも)
・石澤研究所 歯磨撫子 重曹つるつるハミガキ 1296円(もしも)
・コンクールクリーニングジェル PMTC 2630円(もしも)
・リュミエールブラン ネージュ 6465円(もしも)※有名人載せてる
・ヴェレダ歯磨き 1080円 
・MIペースト 1596円

 

 

【1位のサイトは、歯磨きの動画を入れている:1万文字入っている←(これ以上の文章を書くこと)】

 

 

 

☆ホワイトニングの効果を上げる方法

 

 

 

ランキング
1.薬用ちゅらトゥースホワイトニング 3980円(A8)
2.オーラパール 1800円(アフィB)
3.トゥースメディカルホワイトEX 3297円(A8??いまナシ)
4.薬用パールホワイトPRO 7778円(アフィB)
5.Be・smaile 7000円 (A8:初回1000円)
6.ブラニカ 2700円

 

 

ランキング商品
1・薬用ちゅらトゥースホワイトニング
2.プレミアムブラントゥース
3.ははhのは
4.パールホワイトPROEXプラス(アフィリード??)
5.リュミエールブランネージュ
☆ピックアップ商品でチュラのバナー

 

例外:売れている商品【プレミアムブラントゥース】

 

 

 
はははのはの特徴

価格 1980円
評価 評価5
備考
 
 
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

価格 3980円
評価 評価4.5
備考
 
 
プレミアムブラントゥースの特徴

価格
評価 評価5
備考
 
 
薬用パールホワイトPROの特徴

価格 7778円
評価 評価5
備考
 
 
Be・smile(ビースマイル)の特徴

価格 7000円
評価 評価5
備考